吉川晃司 35th Anniversary Live TOUR FINAL/WOWOW

11月2日(土)WOWOWで『吉川晃司 35th Anniversary Live TOUR FINAL 』を鑑賞しました。

デビュー35周年記念ツアー

デビュー35周年を迎えた吉川晃司がデビュー日となる2月1日に東京・日本武道館から開催した全国ツアー 「KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR」。そのファイナルとなる9月8日の幕張メッセのステージです。

【 曲目 】

  • Juicy Jungle
  • BE MY BABY
  • LA VIE EN ROSE
  • I’M IN BLUE
  • ONE WORLD
  • Dream On
  • MODERN VISION
  • SAMURAI ROCK
  • HEART∞BREAKER
  • 1990
  • アクセル
  • The Gundogs
  • GOOD SAVAGE
  • BOY’S LIFE
    ほか

僕が特に好きな曲は『LA VIE EN ROSE』と『I’M IN BLUE』

『LA VIE EN ROSE』は売野雅勇が作詞、大澤誉志幸が作曲した吉川晃司の3枚目シングル曲。 1984年9月10日に発売されています。35年前ですね。 僕はまだ20代で青春真っ只中の頃です。

『I’M IN BLUE』は佐野元春が1982年5月にアルバム『SOMEDAY』で発表した曲。大瀧詠一とのコラボアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』が同年3月に発売された後だったことで、無名だった佐野元春が一気にブレイクしたアルバムの中の1曲です。
吉川晃司の1stアルバム『パラシュートが落ちた夏』(1984年3月発売)に収録されています。

12/27夜7:45再放送される

本ステージは12月27日夜7:45からWOWOWで再放送されます。

さらに11月28日に吉川晃司の特集番組も合わせて放送されます。

  • 『ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日 ~新たなる挑戦・日本一心~』 11/28
  • 『吉川晃司 横浜アリーナLIVE 「KEEP ON KICKIN’ & SINGIN’!!!!!」 ~日本一心~』 11/28
  • 『その男、職業 吉川晃司。』 11/28

俳優としての吉川晃司

吉川晃司はシンガーだけでなく、俳優としても活躍しています。

WOWOWでは彼が民川裕司役を主演した三部作を放送。

  • 『すかんぴんウォーク』 11/28
  • 『ユー★ガッタ★チャンス』 11/28
  • 『テイク・イット・イージー』 11/28

時代劇役者として

吉川晃司は時代劇役者としても大活躍していて、彼が出演している作品は味わいが深い印象的な作品が多いです。

映画作品

『必死剣 鳥刺し』(2010年)
『るろうに剣心』(2012年)

テレビドラマ

『天地人』(2009年 NHK大河ドラマ)
『八重の桜』(2013年 NHK大河ドラマ)
『黒書院の六兵衛』(2018年WOWOW)

現代劇を含めればかなりの本数に出演していて、役者としての吉川晃司も僕は好きです。渋い演技にとても魅力を感じます。