“セルフカヴァー”シリーズ第二弾「徳永英明コンサートツアー 2019 太陽がいっぱい Plein Soleil」

この記事は約2分で読めます。

2月24日(火)にWOWOWで『徳永英明コンサートツアー 2019 太陽がいっぱい Plein Soleil』が放送されたので、録画して鑑賞しました。

2019年11月3日に東京国際フォーラムで収録

2018年7月に 1986年のデビュー曲から1990年代前半の自身のヒット曲を収めたアルバム『永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストI~』を発表し、“セルフカヴァー”シリーズをスタートさせた徳永英明。

2019年7月には第2弾となる『太陽がいっぱいPlein Soleil ~セルフカヴァー・ベストII~』をリリース。

1990年代までの名曲を対象に、ジャズアレンジを施したもので、今回放送されたのは2019年11月3日に東京国際フォーラムで収録されたもの。

第一部のオープニング。サングラスとダーク系のスーツで登場した彼の1曲目は「夢の続き」。ミラーボールが煌く中で身をくねらせて踊る徳永英明。

二部からはTシャツ姿のラフなスタイルでタンバリンを奏でながら「oneness」を歌い始めます。

今回のステージの曲目は

  • 夢の続き
  • FRIENDS
  • MYKONOS
  • Revolution
  • 輝きながら…
  • LOVE IS ALL
  • Wednesday Moon
  • BIRDS
  • 太陽がいっぱい
  • レイニー ブルー
  • oneness
  • 情熱
  • 夢を信じて
  • 幾千の時を経て
  • 僕のバラード

今までの徳永バラードを聴きなれた方には違和感があるかも

僕は彼の曲はiphoneに入れて、たまに聴くことがあるのですが、彼の特徴であるハスキーな歌声は仕事で疲れた心にじぃ~んと沁みてきます。

今回のジャズアレンジはお酒を片手に(僕は飲めないけれど)物思いに耽りながら観るのがいいのかも。

ただ、今までの徳永英明のハスキーボイスバラードの名曲をじっくり聴きたい方には少し違和感があるかもしれませんね。僕もそうだったけど。

4月26日(日)にWOWOWで再放送あり

まだ鑑賞していない方はWOWOWで4月26日 午後2:30 から再放送がありますのでお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました